過度のダイエットはお肌のたるみの原因に

世の中の女性のほとんどの人がスリムになって「きれいになりたい!」と考えているのではないでしょうか。
でも、ダイエットをして痩せればきれいになると言う考えはちょっと偏った考え方と言わざるをえません?

 

確かに、きれいなモデルさんやスタイルのいい女優さんの活躍を見ていると、そう思ってしまうのも無理ありません。
しかし、正しいダイエット方法を知らずに、間違ったダイエットをしていると、せっかくガンバッテ痩せたはいいけど肌のたるみがひどく、どうみてもキレイとは程遠い状態になりかねません

 

ではお肌のたるみが出来ないようなダイエット方法とはどんなものなのでしょうか?
人間の皮膚は、脂肪が増加すれば自然とその脂肪に合わせて伸びていき、その脂肪がなくなってくると自然と皮膚も収縮するようにできています。

 

理想的なダイエットは、1ヶ月に1kgと言われている理由はココにもあるのです。
この1ヶ月に1kg程度のダイエットを守っていればお肌のハリも維持しつつ、きれいに痩せることが出来ると言われています。
ただ自然にお肌が収縮するとはいっても年齢やその人の体質によっても違いはありますがおよその目安として1ヶ月に1kgが理想という訳ですね。

 

一方で、苦しい思いをしてハードなダイエットを行い、月に数キロも落としてしまうと、いままで伸びていた皮膚が脂肪の減少速度に追いつけなくなって、たるみや肉割れ(セルライト)などを起こしてしまうんです。
ダイエットして気がつくと、太ももの内側に妊娠線のような肉割れが出来てしまったなんて事はよくあある話です。
他にも、胸が小さくなってしまったというのも角のダイエットが原因なのかもしれません。

 

それでも若いうちは胸がしぼんだり、少々たるみが出来ても徐々に分からなくなっていきますが、年齢を重ねるにつれて皮膚の調整能力は衰えていきますので、美容整形以外では治せないような状態になてしまう事もあります。
ですので、ダイエットをして痩せれば、それだけできれいになるという考えは幻想であると言えます。
体重を減らすことだけに集中せずに、どうすればきれいなプロポーションになれるかを考えながら、計画的にダイエットする事をおすすめします。