美白とタバコの以外な関係

今回はあまり知られていない美白とタバコの関係についてお話します。

 

「肌を美しく保つ為には、タバコはやめた方がいい」というのはみなさん御存じなのではないでしょうか。
それは美白に関しても同じ事が言えます。

 

本当にこれから美白に取り組みたいのであれば、タバコは即刻おやめになるべきでしょう。
なぜタバコが美白の妨げになるのかというと、一番の理由はビタミンCの消費です。
タバコを1本吸うと体内にあるビタミンCが25mgも破壊されてしまうそうです。
美しい肌を保つ為に、とても重要な栄養素であるビタミンCが足りなくなってしまうんです。
ちなみに、レモン1個分のビタミンCが約20mgですので25mg/1本というと、その消費量の多さに驚かれるのではないでしょうか。

 

タバコを1本吸うごとに、美しい肌には欠かせないと言われているビタミンCをこれだけ失っているのでは、良くないのは当たり前ですよね。

 

そうは言っても、やめたくてもなかなか止められないのがタバコ。
そんな時には、タバコの本数を減らしたり、ビタミンCのサプリメントを摂取して失われた分を少しでも補ってあげるといいでしょう。

 

20代くらいまでは、タバコを吸っている人と吸っていない人の肌に、目で見て分かるような違いは感じられないと思いますが、30代になってくると違いが顕著にあらわれてきます、喫煙者の肌は毛穴の開きや肌のたるみ、しみ、しわ等が通常より多くみられます。

 

美しく白い肌を目指したいなら、お肌の健康を妨げるタバコはできるだけ早くやめましょう。