O脚になってしまう原因とは

O脚の治し方を考える前にこのページではO脚になってしまう原因についてお話します
私には関係ないと思っていても意外とO脚って自分自身ではなかなか気が付かないものです。気になる方は一度鏡の前に立って確認してみてくださいね。

 

実はO脚は日本人には特に多く、約9割の人はO脚に悩んでいるそうです。それでは、どうしてO脚になってしまうのでしょうか?
元々、人間というものは生まれる時には、基本的にO脚の状態で生まれてきます。
それが成長するとともに、自然と正常な形に矯正されていくものなのです。
十歳頃になると、通常の場合、正常な脚の形に形成されていくものなのです。
確かに小学校高学年くらいの子でO脚の子って、あまり見かけないように思いませんか?
一旦正常な足の形になったとしてもその後、色々な原因が重なることによって、O脚になってしまうのではないかと考えられています。
O脚の方の多くには日常生活での悪い習慣を持っている事が知られています、具体的に例をだしてみますと
・よく脚を組んでいる
・姿勢が悪い
・あぐらをかいていたり、横座りしている事が多い
・バランスが悪い(片足に重心をかけている)
・筋力が低下している
・外反母趾である

 

などですね。あと、出産後にもO脚になりやすいようです。
これらを見ても分かる通りバランスの悪い大勢などによって無理に不可が掛る状態が良くない事がお分かり頂けると思います。
バランスの悪い体勢を習慣的に続けていると、それを正常な形に戻す事ができなくなり骨盤に歪みが生じてしまいO脚となってしまうのです。
O脚を治したい、改善したいならまずは自分の生活習慣の中で無理な体勢や足えの影響があるような負荷をかけていないか思い起こしてみる事から始められる事をおすすめします。

O脚になってしまう原因とは関連ページ

O脚の治し方
ヨーグルトで花粉症を軽減
活性酸素が増える原因