活性酸素が増える原因

活性酸素と言えば、老化を促進したり、ガンの引き金になったりと、健康や美容にとっても憎まれ者ですよね。

 

この憎まれ者の活性酸素も適度な量の場合は新陳代謝の促進になったり細菌から守ったりといった重要な役割をこなしてくれてるわけですが

 

増えすぎると細胞を参加させ、私達の体をどんどん老化させてしまう、恐ろしいものです。

 

そんな事もあって、今では、活性酸素をいかに取り除くか?ということがアンチエイジングの面でも注目されていますよね。

 

活性酸素は呼吸するだけでも、発生してしまうものだといわれています。

 

ではどうやっても防ぎようがないのか?というと、そうでもないようです。

 

というのも活性酸素には特に発生させやすい状況、原因、というものがあるからなんです。

 

 

活性酸素を増加させる原因について調べたことを紹介しますね。

 

まず、激しい運動、急激に酸素が必要になるような運動は活性酸素を増加させやすいとの事、あと、紫外線やX線、排気ガス、農薬、食品添加物

 

、タバコ、飲酒、ストレス、電磁波などが活性酸素をたくさん発生させてしまう原因だそうです。

 

運動、意外のものはそもそも健康に良くない、と言われているものばかりのようですね。

 

活性酸素は体内に異物が入った時にそれを除去しようと活性酸素が発生するのがその理由と考えられています。

 

排気ガスや食品添加物、電磁波、ストレスなど現代特有のものが多く出てきたことを考えると、現代人は活性酸素が過剰になりすぎている、という考えもうなずけます。

 

注意すれば防げるもの、注意しても防げないもの、がありますが、できる限り活性酸素を溜めないような生活を心がけないといけませんね。