O脚の治し方

足への視線が気になる、O脚なんとか治したいと思ってる方はたくさんいらっしゃることでしょう。
このページではO脚の治し方について調べた事をお伝えしようと思います。

 

O脚は見た目が悪いだけではなく、実は体にも悪い影響を与えています。
人間は二足歩行で歩く生き物なので、ちょっとしたことでもO脚になってしまいやすいのは事実です。
足を組む、肘をつく、体重を片足にかけるなど普段の何気ないしぐさ、かたよった癖が脚に負担を掛けてしまっています。
そして、その結果、O脚やX脚といった不自然な形の足になってしまうわけです。
では、O脚が体に及ぼす悪影響とはどんなものでしょうか??

 

まず、腰痛を起こしやすくなります。不自然なバランスによって腰や骨盤への負担が掛っている場合に腰痛として現れてきます。
あとは主に膝の関節痛、そして血流が阻害される事による冷え症や、新陳代謝の衰えなどがあげられます。
O脚を治した事で足のむくみがなくなった、という方もおられます。

 

こういった腰痛や足の冷え、むくみなどが気になる方は、自分がO脚になっていないか鏡で確認してみる事をお勧めします
もしO脚だったらそれを改善する事でそれらの悩みから解放されるかもしれません。

 

見た目だけでなく様々な悪影響を及ぼすO脚ですが、O脚を改善するにはいったいどうしたら良いのでしょうか?

 

自分がO脚だと気がついたら、まずは自分のO脚の原因となっている物を見極めることが大切だと思います。
まずは自分がO脚になりやすいような生活をしていないか考えてみてください。
横座りやアグラ、足組みなどには特に注意が必要です。
他にも、かばんを片方の肩だけにかけていたり、片方の足ばかりに重心を掛けてしまうクセなど改めて意識して生活みると、O脚になった原因がおのずと分かってきます。
軽いO脚なら、普段の生活習慣を改善するだけでも、O脚が治る事もあるそうです。

 

歩き方のクセや立ち方を意識して直してみるとか高いヒールは控えめにして足に合った靴を履くなど、O脚を改善する方法は他にもたくさんあります。
でも、自分のO脚の原因を理解した改善法を継続して行わない限り、O脚を改善することはできないでしょう。

 

ただ、せっかくO脚を治しても、その原因である生活習慣が改善できていなければ、また再発してしまう可能性が高いという事を忘れないようにしましょうね。